FC2ブログ

こねるからつや

山のなかのやきもの屋です。陶芸教室もやってます。どなたでも気軽にお越しくださいね。出張陶芸教室も受付中です。

出張教室 仕上げ 型紙づくり

午前中はここの老健施設での教室
さわらび

今日は筒湯呑みを作ってもらいました
筒湯呑み

内側のつなぎ目の手当てをしておく
手当て

使った参考品は泥に戻る
泥に戻る

前庭には菜の花
菜の花

きのうの老健作品を仕上げて
仕上げ

手水鉢の内側も仕上げ
手水鉢仕上げ

外側も八割がた仕上げる。明日足付け
八割がたできる

作ってある型紙をはさみで切る
型紙づくり

ほっと平山の恭子ちゃんからピザの差し入れ
差し入れ

型紙づくりは今日はここまで
続きはまた明日

イチとマルの散歩
イチとマル

ツタにからまった白梅が咲いてます
白梅
ぽちっとお願いいたします

出張教室 浜田さん組 カップと手水鉢づくり

午前中は何が書いてあるのか読めない句碑のある、ここの老健施設での教室。
句碑

無事終えて、帰りがてら幼稚園に作品の配達
幼稚園

西屋で文旦も買う
西屋

午後は仕事場。持って帰った作品の手当てをしておく
手当て

市役所の観光課から依頼のあった、体験者数の集計
集計

浜田さん組の教室。今日は五人おいででした
浜田さん組

皆さんの今日の作品
今日の作品

焼きあがってる作品も持って帰りました
浜田さんと仙頭さんの作品

やきもの屋は自分用に、大きなカップ二個を作って
大カップ二個

仕事場用の手水鉢づくり
手水鉢

ひとまず完了
形の完成

イチとマルの散歩
イチとマル

春を告げる黄色い花が咲いてます
黄色い花
ぽちっとお願いいたします

春待つ頃の窯仕事

まだまだ寒いですが、春はもうすぐそこに来ているはず。
素焼きを待つ作品がたまったので窯づめです
窯詰め完了

二日後窯の扉をあけます
焼けてる

釉薬をかけて本焼きのための窯詰め
完了

三日後無事に焼けています
焼けてる

窯出しした作品たちです
作品
ぽちっとお願いいたします

ひも作りの鉢が焼けました

底を作って
カット

粘土ひもを積んで

どんどん積む

口をカットして
口のカット

つまんで広げて
もう少し広げる

全体をスポンジで拭いて
スポンジで拭く

完成させた
完成

参加の皆さんの作品が
鉢

ようやく焼けました
ひも作りの鉢

おでんなんか盛ったらよいかしら
掛け分け
ぽちっとお願いいたします

窯出し ごみの入った土の再生

今日は本焼きの窯出しから
窯出し

部屋に運び込む
作品

グループごとに分別
分別

こちらにもある
分別

作者を特定して
作者の特定

配達できるように梱包
梱包

猫は昼寝
猫

ゴミが入った土を、水と一緒にかき混ぜてあったもの
ごみの入った土

もう一度攪拌して
攪拌

50目の通し網に通してごみの除去と粒度の調整
ごみの除去

素焼きの鉢に盛って
鉢に盛る

放置して水抜きします
水抜き

明日の準備をして
明日の準備

夕方にはイチの散歩
イチ

公園の花壇には老人会が水仙を植えています
花壇
ぽちっとお願いいたします
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ