FC2ブログ

こねるからつや

山のなかのやきもの屋です。陶芸教室もやってます。どなたでも気軽にお越しくださいね。出張陶芸教室も受付中です。

窯出し窯づめ たまにおいでのお二人 仙頭さん

今日も木の枝を燃やす
焚火

素焼きの窯出し
窯出し

指定の色ごとの分別
分別

釉薬をかける
釉掛け

高台の釉薬をはがして
釉はがし

窯詰めしてスイッチを入れる
窯づめ

たまにおいでになるお二人です。手びねりでの形づくり
お二人

お二人の作品です
今日の作品

やきもの屋は老健施設の作品の仕上げ
仕上げ

仕上げ完了
完了

常連の仙頭さんがおいででした
仙頭さん

仕上がった作品です
今日の作品

物部教室作品の、人形の足を接着剤で補修
接着

明日の教室の準備をする
明日の準備

今日のイチ
イチ

柿の実が大きくなって色づいてきています
カキの実
ポチっとお願いいたします

片口徳利とぐい吞みを作りました

老健教室の今回の課題は「片口徳利とぐい吞み」です
粘土と小道具を用意して
粘土と小道具

粘土をつぶして板にする
板

延ばし棒で表面をならして
ならす

型紙を当ててカット
カット

ボールの型を用意して
ボールの型

粘土板をボールにかぶせる
かぶせる

ボールを包み込んで
包む

口をカットして
口のカット

高台を作って
高台つくり

しっかり接着
接着

ひっくり返して
ひっくり返す

小さい板を作って
小さい板

棒に巻く
巻く

注ぎ口を作って
注ぎ口

接着
貼り付け

棒を抜いて
棒を抜く

穴をあける
穴をあける

型を外して
型を外す

内側の手当てをする
内側の手当て

小さい粘土玉を用意して
小さい粘土玉

玉づくりでぐい吞みを作る
ぐい吞み

これで完成
完成

今回の教室に参加してくれた方たちの作品です
片口徳利とぐい吞み
ポチっとお願いいたします

老健教室 仙頭さん 夜須の母娘

午前中はメダカのお宿がある老健施設での教室でした
暑かった夏でもメダカは増えてます
メダカのお宿

今日は片口徳利とぐい吞みを作ってもらいました
片口徳利とぐい吞み

とりあえずの手当てをしておく
手当て

今日もたき火
焚火

仙頭さんがおいででコツコツ作業中
仙頭さん

仙頭さんと手島さんの今日の作品
今日の作品

宅配用の荷づくりをしておく
荷造り

今日もどんぶりカップの手当て
どんぶりカップの手当て

猫はのんびり昼寝
昼寝

片口徳利の内側を少し削る
内側の手当て

夜須の母娘さんがおいでで、看板に文字を描いて、釉薬掛けをしてゆきました
釉掛け完了

片口徳利はひっくり返して乾かす
乾かす

あまねちゃんとイチの散歩
散歩

白い彼岸花は満開です
満開
ポチっとお願いいたします

残暑厳しく窯仕事

暑さはいつまで続くのか
素焼きのための窯を詰める
素焼きのための窯

二日後、無事に焼けてます
できてる

窯出しして釉薬をかけて本焼きのための窯づめ完了
完了


三日後、窯の扉を開ける
焼けてる

今回の窯に入っていた作品です。
分別整理梱包します。この作業も暑いのよねえ
窯出しした作品
ポチっとお願いいたします

ひもづくりの花器が焼けました

底を作って
つぶして型紙を乗せる

粘土ひもを作って
ひもにする

のせて
のせる

つなぎ目を整えて
つなぎ目を整える

どんどん積んで
どんどん積む

つなぎ目をならして
ならす

完成させた
口を整えて完成

参加の皆さんの作品が
包花器

ようやく焼けました
筒花器

夏のなごりの花を飾って涼んでくださいませ
秋の花を
ポチっとお願いいたします
次のページ