こねるからつや

山のなかのやきもの屋です。陶芸教室もやってます。どなたでも気軽にお越しくださいね。出張陶芸教室も受付中です。

窯出し窯詰め 高知市の姉妹 仙頭さん

暑いけど今日もたき火から
たき火

本焼きの窯出しをして
窯出し

素焼きを待つ作品がそこそこたまったので
素焼きを待つ作品

窯詰めです
窯詰め

窯出しされた作品たち
窯出しされた作品

高知市から、おばあちゃんが連れておいでの姉妹
高知から

絵付けもして、こうしてしっかりとできました
できた

窯出しした作品の作者の特定をして
作者の特定

配達できるように梱包します
梱包


仙頭さんがおいでで焼きあがった自作の見分中
仙頭さん

明日の為に土を練って
土練り

小分けをしておきます
小分け


イチは今日も引っ張られながら散歩
イチ

桑の木が散髪されました
さっぱりとした

水抜きが終わった再生土はバケツに入れられて保管されます
保管
ぽちっとお願いいたします

発送準備 仙頭さん

今日も作品の仕上げから
仕上げ

県外発送分の記念品があるので、まずはしおりのカット
しおりのカット

二種類のしおりができました
二種類

送るお皿を用意して
お皿の用意

取り寄せてある化粧箱も用意して
紙箱の用意

包装紙も準備して
包装紙

箱にお皿を収納します
収納

熨斗も付けて
熨斗も付ける

包装して
包装

宅配用の荷造りです
発送準備

仙頭さんがおいででロクロ中
仙頭さん

もう一か所分の荷造りもしました
もう一か所

別のところに送る分のプチプチのカットをしておきます
プチプチのカット

イチの散歩に行って
イチ

ユリの花かしらん、花がきれいに咲いてます
ユリ?
ぽちっとお願いいたします

仕上げ 窯仕事 お客さん

午前中はここの老健施設での教室でした
やわらぎ

今日は自由制作で好きな形を作ってもらいました
自由制作

とりあえずの手当てをしておく
手当て


ロクロ作品の仕上げ中です
仕上げ

手びねり作品も仕上げる
仕上げ

できた作品たちは棚で乾かす
乾かす

素焼きができているので窯出し中
窯出し

窯出し完了
窯出し完了

釉薬をかけて
釉掛け

高台の釉薬をはがして
釉はがし

本焼きのための窯詰めです
窯詰め

ぽちっとお願いいたします

暑いけど八月の窯仕事

今年の夏も暑い。そんななか、窯の仕事です
素焼きのための窯を詰める
素焼きのための窯

二日後、窯の扉を開けます
焼けてます

釉薬をかけて、本焼きのための窯を詰める
本焼きのための窯

三日後、窯の扉を開けます
焼けてる

窯出しした作品たちです
窯出しされた作品
ぽちっとお願いいたします

釉の仕事 土の仕事 和田さん 子供たち二組

水抜き中の再生土。だいぶ抜けてきてます
水抜き中

陶試紅を計量して
陶試紅

水を加えます
水を加える

釉薬に混ぜ込みます
釉薬に混ぜる

ワラ灰と長石も計量して
わら灰と長石

水を加えて
水を加える

通し網に通して
釉薬に混ぜる

釉薬に混ぜます
混ぜる

これらの二種のテストピースを作っておきます
テストピース二種

午後の教室の準備
教室の準備

老健施設作品に彩色します
彩色

昨日の教室作品の仕上げ
仕上げ中

土を練って
土練り

ビニールに入れて保管
保管

南国市の和田さんがおいででした
和田さん

釉薬掛けが完了しました。
釉掛け完了

今日はバッタが入ってきた
バッタ

午後は子供たちの教室。同じ保育園に通っていたグループのようです
高知の子供

暑いよねえ
暑いよねえ

しっかり形にしています
できてきた

こうしてできました
たくさんできた

入れ替わりで別のグループの子供たちです
こちらも高知の子供

頑張ってます
頑張ってます

元気な女の子
元気です

こしてできました
できた

夕方にはイチの散歩
今日のイチ

道ぶちのアケビはこんな具合。なかなか大きくならんものですね
アケビ

明日の準備をして今日の終了
明日の準備
ぽちっとお願いいたします
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ