こねるからつや

山のなかのやきもの屋です。陶芸教室もやってます。どなたでも気軽にお越しくださいね。出張陶芸教室も受付中です。

干支の申(さる)が焼けました

素焼きの型を用意して
素焼きの型

粘土板で包み込んで胴体を作って
包み込む

粘土の小玉で頭も作って
顔を作る

鉛筆で顔を描いて
猿の顔

胴体と頭を接着して
接着

手足としっぽの部品も作ります
手と足としっぽ

手足を接着して
手を接着

尻尾も貼り付けて
尻尾の接着

三猿バージョンとか
三猿

バナナと柿を持ったバージョンとかを提示して作ってもらった
バナナとカキを持つ猿

みなさんの作品が
干支の申

ようやく焼けました。
申たち

「胸に手を当てて、今年もよく考えて頑張りましょう猿」かしら。
お正月に飾ってお楽しみくださいね
何を考えてるのかねえ
ぽちっとお願いいたします

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://karatuya.blog49.fc2.com/tb.php/2795-dc05cbe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ