こねるからつや

高知の山の中のやきもの屋です。陶芸教室もありますので、どなたでも、お気軽にお越しくださいね。

春のおそくの窯のお仕事

作品が集まったので素焼きのための窯をたてて
素焼きのための窯

二日後窯を開けます
素焼きができてる

窯出しして釉薬をかけて、本焼きのための窯をたてます
窯詰完了

三日後窯を開けます
焼けてます

窯出しした作品たちです
窯出しされた作品
ぽちっとお願いいたします

最近のお仕事 お客さん

午前中はここの老健施設での教室
変形の角皿を作ってもらいました
さわらび

今日使った参考品は泥に戻ります
泥になる

持って帰った作品の、とりあえずの手当てをしておきます
手当

午後は浜田さん組の教室でした。手島さんがおいででロクロです
手島さん

今日の作品
今日の作品

やきもの屋も湯呑の削り
仕上げ

紫香楽陶料から釉薬原料が届く
釉薬が届く

次の教室用の粘土の小分けをして
粘土の小分け
イチの散歩で今日も終了
イチ
ぽちっとお願いいたします

角花器を作りました

今回の老健施設での教室の課題は「角花器」です
粘土のかたまりを用意します
かたまり

底を作って
底づくり

粘土ひもも作ります
粘土ひもづくり

底に木型をのせて
木型をのせる

一段目を積みます
一段目を積む

しっかり接着します
しっかり接着

二段目を積む
二段目を積む

三段目を積む
三段目を積む

指で表面をならします
指でならす

口をカットして
口をカット

木型を抜きます
木型を抜く

新聞紙を外して完成です
新聞紙を外す

今回の教室に参加してくれた方たちの作品です
角柱花器

ぽちっとお願いいたします

丸底湯呑が焼けました

玉づくりで小鉢状のものを作って
鉢になりました

素焼きの型を突っ込んで
つっこむ

ひっくり返して手ではさんで粘土を延ばします
延ばし終了

再度ひっくり返して口を整えて
口を整えて模様を入れる

完成させた
丸底湯呑の完成

参加の皆さんの作品が
丸底湯呑

ようやく焼けました
丸底湯呑


花見しながらお茶でもどうぞ
お茶を一杯

ぽちっとお願いいたします

窯の仕事 お客さん

今日は小窯の窯出しからです
小窯の窯出し

入っていた作品です
小窯の素焼き作品

すぐに焼き直し作品を詰めてスイッチを入れます
焼き直し

大窯の窯出しもしました
窯出し中

窯出しした作品です
窯出しした作品

グループごとに分別して
分別

配達できるように梱包しておきます
梱包

高知市から初めておいでのお二人です
高知市から

お二人の作品です
お二人の作品

イチの散歩で今日も終了
イチ
ぽちっとお願いいたします
次のページ

FC2Ad

まとめ