FC2ブログ

こねるからつや

山のなかのやきもの屋です。陶芸教室もやってます。どなたでも気軽にお越しくださいね。出張陶芸教室も受付中です。

作品の仕上げ 同級生コンビ 作品の整理 夜須の母娘

きのうのホームスティのグループの作品
きのうの作品

碗とカップの内側を削っておく
内側を削っておく

田中さんと甲藤さんがおいででした
田中さん

田中さんが自宅で仕上げてきた作品です
田中さん作品

二人で釉薬も掛けてゆきました
釉掛け作品

昨日窯出ししてある作品
窯出ししてある作品

グループごとの分別をして
分別

作者を特定して
作者の特定

梱包をしておきます
梱包

夜須の母と娘さんがおいでで釉薬をかけてゆきました
釉掛け作品

夕方にイチの散歩
イチ

今日も小雨です
雨ばかり
ポチっとお願いいたします

仕上げ ホームスティのご家族 清岡さん 窯出し窯詰め

仕上げを待つ老健作品
老健作品

仕上げします
仕上げ

今年もアメリカの少年少女のホームスティを受け入れているご家族がおいででした。四人は17歳だそうです
できたかな

ご家族と、通訳の方も一緒に作りました
頑張って作ってる

17歳たちはロクロも回してゆきました
ロクロも体験

今日の作品です
できた

清岡さんがおいでで自作の削り中
清岡さん

奥さんはロクロで仕上げ
ロクロ

仕上がった作品です
今日の作品

猫は窯小屋で昼寝
猫

本焼きの窯出しをしました
窯出し

窯出しした作品たち
窯出し作品

続けて本焼きのための窯詰めもしました
窯詰め

雨の中イチの散歩
イチ

門田さんが草をきれいに刈ってくれています
きれいになってる

明日は居住地区の草刈りのため車に草刈り機をスタンバイ
明日は草刈り
ポチっとお願いいたします

枝の片づけ 釉掛け 仕上げ 明日の準備

近くの坂道の木の枝が、雨の重みで折れて落ちてる
通行の邪魔になるので片付けよう
折れた枝

チェンソーで切って
カット

前庭に運んでおく。後日、もう少し短くカットして燃やします
移動

ついでにチェンソーの整備もしておく
チェンソーの整備

発送用の荷物の梱包
梱包

小窯の窯出しをして
窯出し

釉薬掛けをしておく
釉掛け

原料を計量して
計量

調整中の釉薬にぶち込んでかき混ぜて
調整

テストピースに掛けておきます
テストピース

今日もまたシオカラトンボの救出
シオカラトンボ

土を練って
練る

シッタを一個作っておく
シッタ

仕上げを待つ作品があるので
仕上げを待つ作品

絵付け用のお皿を削って
仕上げ

老健教室の麺鉢も仕上げる
仕上げ

仕上がった作品は棚で乾かす
乾かす

明日のロクロ教室の準備をして
ロクロの準備

手びねりもできるようにしておく
手びねりの準備

夕方にはイチの散歩
イチ

小さなヒマワリが咲いている
ひまわり
ポチっとお願いいたします

窯の仕事 小野寺さん作品

きのう、指定の色ごとに分別してある作品
分別された作品

釉薬をかけて
釉掛け

高台の釉薬をはがす
釉はがし

小野寺さんがおいでで電動ロクロで碗を作ってゆきました
小野寺さんの碗

雨続きでなかなか乾かない作品
乾かしている作品

素焼きの窯出しをする
窯出し

釉掛けした作品と窯出しした素焼き作品
作品

本焼きのための窯を詰めます
窯づめ

窯出しした素焼き作品はお客さんの指定の色ごとに分別します
分別

釉薬掛け
釉掛け

高台の釉薬をはがす
釉はがし

作業完了
完了

イチの散歩
イチ

梅雨も終盤、名残りのアジサイがまだ咲いてます
名残のアジサイ
ポチっとお願いいたします

どんぶり鉢を作りました

今回の老健施設での教室の課題は「どんぶり鉢を作ろう」です
粘土を用意して
かたまり

二分割して
分割

うち一個をさらに三分割します
さらに分割

小割りした粘土玉でひもを三本作ります
ひもを作る

残してあった粘土玉をロクロにのせて
ロクロにのせる

玉づくりで小鉢を作ります
鉢にする

それに粘土ひもを一本積みます
ひもをのせる

つなぎ目をならして、残りの粘土ひもも積んでつなぎ目をならします
さらにひもを乗せる

指でつまんで口を少し広げて
広げる

口を針でカットして
口をカット

碗ゴテで内側をならして
ならす

口を整えて、水を切ったスポンジで拭いて完成です
スポンジで整える

今回の教室に参加してくれた方たちの作品です
麺鉢

仕事場に持って帰って、電動ロクロで形の修正をします
形を整える
ポチっとお願いいたします
次のページ

FC2Ad

まとめ