こねるからつや

山のなかのやきもの屋です。陶芸教室もやってます。どなたでも気軽にお越しくださいね。出張陶芸教室も受付中です。

窯の仕事 土の仕事 しのぎのふた

雑なつくりの色見本を外で干しておく
干す

木灰釉の色見本の釉掛け
木灰釉

スプレーガンでの釉掛けもして
スプレー掛け

釉掛け完了
釉掛け完了

小窯に詰めてスイッチを入れます
本焼きのための窯

素焼きを待つ作品もたまったので
素焼きを待つ作品たち

窯詰めをしました
窯詰めちゅう

削りで出た土がたまったので
削りで出た土

自分専用の土練機で練ってます
練ってます

30㎏ほどできました
できた

今日はオニヤンマが入ってきた
オニヤンマ

藤本さんは蓋に装飾中
仕上げ中

蓋と重しができました。
ふたと重し

親戚の集まりのイベントで使う作品のサンプルも作ったりして
サンプルづくり

次の教室用に粘土の小分けをしておく
小分け

ごみの入った土もたまったので攪拌機で攪拌します
攪拌

通し網で通してごみを除去します
ごみの除去

泥状の粘土がたくさんたまりました。この処理はまた後日。
いっぱい
ぽちっとお願いいたします

きょうのあれこれ

紫色の化粧土をなるべくこのままの色で焼きたいので、そのための実験用のテストピースを作る
化粧土の実験

自作を削って
削り

この土の分は削り終えました
終了


黒土分も削る
黒土

侑乃さんの碗も削ります
侑乃さんの碗

削り終えた作品は棚で乾かす
乾かす

釉原料を計量して
計量

水を加えて
水を加える

ミルで摺ります
摺る

土を練って
土練り

ビニール袋に入れて休ませます
休ませる

粘土をつぶして
つぶす

雑なつくりのテストピースも作りました
カット

釉薬も摺り終えました
できた
ぽちっとお願いいたします

ロクロひき 削り 門田姉弟 漬物器

一号と三号石灰釉を水になじませておく
石灰釉

土を練って
菊もみ

もう一種類の土も練って
粗練り

今日も麺鉢やら
麺鉢

湯呑やら
カップ

碗やらを作ります
碗

今日はこのくらい
できた

今日はクロアゲハが部屋に入ってきた
クロアゲハ

門田侑乃さんがロクロでお茶碗を作ってます
侑乃

弟の倖大君も、姉がやっていることはやってみたい。今日は練習ね
倖大

侑乃さんの碗です
碗ができた

小窯の窯出しをして
小窯の窯出し

藤本さんが自作の四角い漬物器の仕上げ中です
仕上げ中

ほぼ仕上がりました、次回は最終チェックですね
ほぼ完成

麺鉢を削って
麺鉢削り

碗も削ります
碗とカップの削り

削り終えた自作は棚で乾かす
乾かす

次の教室用に粘土の小分け
小分け

午前中に作った作品はひっくり返して乾かしておきます
ひっくり返す
ぽちっとお願いいたします

いろいろ仕上げ

朝一番に小学校への作品配達
布師田小

固くなった土を柔らかくもどしたいと思って蒸らしてあった土
黒土

練って少し乾かします
練って乾かす

老健施設作品を仕上げて
老健施設作品

お客さんの作品を仕上げて
お客さんの作品

猫は中庭で、行き倒れのように昼寝中
生きてる

老健施設作品のさらなる仕上げ
仕上げ

自作の麺鉢を削って
麺鉢の削り

藤本さんがおいでで漬物器の削り中
仕上げ中

本体の内側と外側の仕上げがほぼ完了。高台の削りはまた明日ですね
ほぼできました

自作の削りもどんどん進める
さらに削り

削り終えた作品は棚で乾かします
乾かす

仕上げを待つ作品はまだまだあります
まだたくさんある

イチの散歩で今日も終了
イチ
ぽちっとお願いいたします

今日のお仕事 お客さん

午前中はすっぽん君がいる、老健施設での教室
今日も元気なようす
今日のすっぽん君

無事終えて、帰りがてらに小学校への作品配達でした
稲生小

持って帰った今日の作品
今日の作品

とりあえずの手当てをします
手当

手当終了
手当終了

役目を終えた参考品は土泥に戻ります
泥になる

仙頭さんがおいででろくろ中
仙頭さん

今日はこうなりました
こうなりました

最近よくお見えになる女性お二人は自作に釉掛け中
釉掛け中

今日も新たに作りました
制作ちゅう

相方はろくろを回して、今日はこうなりました
形にもなった

小窯の窯出しをして
窯出し


本焼きのための窯をすぐに詰める
窯詰め

老健施設作品はひっくり返して乾かしてます
乾かす

藤本さんの漬物器も乾かします
乾かす
ぽちっとお願いいたします
次のページ

FC2Ad

まとめ